眼精疲労は対策次第で改善します|目に優しい成分を摂取しよう

女性ならではの疾患

生薬

発症時期

更年期、という言葉を聞いたことはあるでしょうか。更年期とは、女性が閉経を迎える時期の前後10年程度の期間のことを指します。平均して、女性は10代で初潮を迎え、40〜50代で閉経を迎え、閉経が近づくと子供を産むための卵巣の機能が低下していきます。それによって、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が減少していきます。そして、エストロゲンの減少に伴う様々な諸症状のことを、更年期障害と呼びます。エストロゲンは卵巣で作られるものであり、その症状としては、体のほてりや発汗、肩こりなどの身体的なものから、イラつき、鬱状態、不安感などの精神的なものまで様々あります。うつ病や他の病気などとまれに間違って診断されてしまうこともあるため、きちんとした検査を受ける事が大切です。

治療方法

更年期障害の治療は、主に減少してしまったエストロゲンを増やすことが軸となります。その中でも、特に精神的症状の治療のために使われるのが漢方薬です。心の調和をはかり、イラつきや不安感、鬱状態を取り除くことを得意とするのは、数ある治療法の中でも漢方によるものだけです。エストロゲンを増やすには、主にホルモン補充という治療がとられることが多いですが、ホルモン補充に抵抗がある人も多く、そのような人のためにも漢方薬が使われることもあります。また、漢方薬の中にも種類があり、それぞれの症状に合わせて細かく分類された中から自分に合ったものを処方してくれます。そのためにも、自分の症状や状態を細かく医師に伝えることが重要です。